<ベネチア旅行>トレヴィーゾ空港から市内への行き方・オススメホテル・オススメの展望デッキ

こんにちは、ブログ更新をほぼしないと噂のティナです。

 

ベネチア旅行に行って来た!

ヴェネチアに旅行にいったのは2月なのでもう半年も前なのですが、せっかくなのでトレヴィーゾ空港から市内への行き方と、泊まったホテルを紹介したいと思います。

 

今回はブダペストから二泊三日で行ったのですが、3日目が昼の便だったので実質観光できたのは1日半くらい。でもあまり建物の中とかは見学しない人なのでちょうどよかったかなーと思います。

 

カーニバルの期間に行きましたが、航空券もホテルもお安く、ハンガリーからトータル2万円でいけました。やすい!

(Ryanair ¥11,000 Hotel Bella Venezia ¥9,000)

 

トレヴィーゾ空港から市内へ

今回はLCCで行ったため、大きなマルコポーロ空港ではなく、サブ空港のTreviso空港を利用しました。

日本からいく方はあまり利用しないかもですが、ヨーロッパ周遊とかでLCCを利用する際使う方もいらっしゃると思うので市内への行き方を紹介しようと思います。

 

移動手段としては、タクシー/シャトルバス/公共交通機関 があるのですが、今回私達はシャトルバスを利用したのでそちらを紹介したいとおもいます。

 

まず飛行機を降りて、手荷物受取所でもチケットを販売しているのですが、それはスルーして大丈夫です。

出口を出たらいろんな会社のチケット売り場などが並んでいるのですが、出口を背にして右奥にあるATVO社のカウンターに行きます。

チケットは往復で買うと2ユーロ安くなるので、帰りも利用する場合は往復券を買うことをお勧めします。(片道12EUR/往復22EUR)

水上バスの24時間券、48時間券などもここで買えるのですが、27歳以下の方(年齢がうろ覚えなので一応確認してください💦)は市内で買うと少し安くなるので、市内に着いてから買うことをお勧めします。

ちなみにバスは他の会社も出しているようなのですが、ATVO社が一番大手みたいなので私達はここにしました。

 

で、空港を出てすぐ、左斜め前にATVO社のバスがあるのでそれに乗るのですが、結構すぐに満席になります、本数も少ないので呑気にタバコとか吸ってると乗れなくなってしまいますので(結構そういう人たくさんいました)、ここはこらえて早めにバスに乗りましょう。

ちなみに帰りの空港までのバスもすぐに満席になり、乗れないかたが何人かいたので、帰りは1本早めのバスに乗るか、かなり早めにバス停で待っていた方がいいかもしれません。

 

途中Mestre駅を経由して1時間弱でローマ広場につきます。

降りたらすぐに大きめのチケット販売所があるので、そこで水上バスや路線バスの切符を買ってください。露店などでも売っていたのですがちょっと怖いのでちゃんとしたATVO社のチケット販売所で購入しました。

そしてそのすぐ側から水上バスが出ているのでそれに乗って私達はホテルのあるサン・マルコ広場へ…

 

ホテルがとてもよかった件

私達はローマ広場にあるホテルかサンマルコ広場の近くにするか迷った挙句、サンマルコ広場近くの Hotel Bella Venezia に宿泊したのですが、もうこれがいい選択でした。

ちなみにHotels.comで2泊で1人¥9000ちょっと。

水上バスでローマ広場から1本、Rialtoで降りて、そこから徒歩3分くらいだったかな。すぐつきました。

小道に面しているので滞在中何回も通り過ぎてしまったのですが、ロビーがとっても綺麗で最初、え?本当にここ?ってめっちゃ確認しました笑

 

スタッフの方はすごくいい感じという訳ではなかったですが、まあそこはどうでもいいとして、ロビーや廊下もすっごい可愛くて、いい匂いがして、部屋に入る前から絶対あたりだ!と確信してました笑

残念ながら予算の都合上、カナルビューでは無くシティビューのお部屋だったのですが、ホテルの脇の川はかなりしょぼかったので、よほどお金に余裕が無い限りは、やすい部屋でいいと思います。

そして肝心の部屋は、ヨーロッパ!って感じでめちゃくちゃ可愛かった!!!インスタ映えめっちゃします。だいじ。😂(この写真はそんな映えてないですがまじで映える!笑)

f:id:Tinaincanada:20191025002452p:plain

ヴェネチアのホテルはどこも狭いそうですが、確かにかなり狭めなので大きなスーツケースを持っていると大変かも。でも日本のビジネスホテルくらいかな?いつも安宿に泊まってるので全然気になりませんでした。

洗面所も広くて、アメニティもちょっとあり、更にはドライヤーの風圧がすごくて感動しました、ホテルに備え付けのドライヤーって弱くてロングヘア乾かすのめっちゃ大変何ですけど、すぐ乾きます。まじでいい。

朝食付きで、1泊9000円/2人はコスパ良すぎました。

本島の方が断然利便性がいいので、迷ったら本島のホテルをオススメします。

 

オススメの展望台

ベネチアといえば観光ルートが決まっていて、大体の方が同じところに行くと思うので細かいスポットの紹介はいらないと思うのですが、

www.dfs.com

T fondaco dei tedeschiという免税店の屋上が街を一望できる展望デッキになっているのでオススメです!

予約をしなくても並べば入れるのですが、予約も無料なので英語ができる方はぜひ予約してください!

私たちは夕方に行ったのですが、空がとっても綺麗で最高でした、夜とかでも綺麗だろうな〜。

f:id:Tinaincanada:20191025003818p:plain

 

 

ヨーロッパでどこも同じような景色で、最近は旅行に行ってもあまり感動しないのですが、ベネチアは他のヨーロッパとは全然違くて、街全体が美術館みたいな気分でした。

夏は激混みで、暑いみたいですし、ホテル代も高くなるのでオフシーズンに行くのがオススメです。

2月でもそこまで寒くなかったですよ〜

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンガリーでレジデンスパーミットを更新 vol1 必要書類

お久しぶりです。ティナです。

 

この夏から就活が始まり、もうそんな年になったのかと驚きでいっぱいです。

そしてあっという間にハンガリーに来てもう2年、ということでレジデンスパーミットの更新をしました!

以前書いたVISAの取り方の記事も人気だったので、更新編も参考になれば幸いです☺️

 

今回は更新に必要な書類編です。(2019年6月の情報になります。最新情報や特別な事情がある場合、学校に相談してください)

 

更新に必要な書類一覧

  1. 滞在許可書申請書(2種類。移民局のサイト内、FORMSにあるApplication for Residence permit and Appendex14の両方をダウンロードし、記入してください。大学のサイトなどでもダウンロードできると思います)
  2. 証明写真(縦4cm×横3cm。私は地下鉄駅にあるフォトブースで撮影しましたが、カーテンなくて恥ずかしかったので、日本から持参したり、家でコピーできる方はそちらをオススメします!笑)
  3. パスポート(パスポートの期間内でしか滞在許可証は取れないので、有効期限が近い場合は先にパスポートの更新を!)
  4. 申請費用10,000ft (申請時カードで払えます。申請時に紙をもらい、郵便局で払う方法もあるようですが、私はカードで払ったのでこれに関しては情報なく…すみません)
  5. 在学証明書(学校で発行してもらいます)
  6. 単位取得数証明書(これも学校で発行してもらえますが、長期休み期間でなかなか発行してもらえず、申請できなくて困っている方もいたので、休み期間に申請する場合は早めに学校に連絡しましょう!)
  7. 賃貸契約書(ハンガリー語のもの。契約期間の残りが短い場合は、契約書に大家さんにハンガリー語でこの契約は延長可能と書いてもらうといいみたいです。私は契約が残り3ヶ月でしたが1年半の滞在許可証が出ました。) ↓賃貸契約書に必要な情報(自分と大家の両方)
    • 名前
    • 住所
    • 生年月日
    • ID(パスポート番号)
    • 母親の旧姓
    • 証人2名のサイン、ID、住所
    • 居住登録書(初めて滞在許可証を取得する際にも使用したものです。大学で紙はもらえるはず。大家さんのサインが必要なので早めに準備しましょう)
  8. 銀行残高証明書 1ヶ月以内に発行のもの。英文でユーロ表記が望ましいです。(私は原本ではなくコピーで出しましたが大丈夫でした。口座が親名義である場合などはその証明書も必要になります。)
  9. 健康保険(私は大学のサイトで領収書が発行できるのでそれを提出しました。)
  10. 前回の申請時に受け取った、居住登録書の半券(私無くしましたが特に何も言われず…)
  11. 往復航空券の予約証明書(日本滞在中に滞在許可証が失効する、または失効の1ヶ月前に申請する方はその理由として航空券の予約証明書が必要です)
  12. コピーが必要なもの
    • パスポートのコピー(スタンプが押してある全部のページ)
    • 学生書の両面コピー

 

以上がレジデンスパーミット(滞在許可証)の更新に必要な書類一覧になります。

わからないことがあればとにかく大学のStudent Ofiiceの人に聞いてみましょう!

他の大学は対応が遅いようですが、私の在籍するBudapest Metropolitan UniversityはとにかくStudent Officeの仕事が早くて助かってます…さすが私立(学費国立と変わらないけど笑)

 

ここでお知らせ!

Budapest Metropolitan Universityでは、在学生の紹介で入学するとお互いに学費が一期分15%offになる神キャンペーンをやっています(新入生は3学期目の学費が割引適応)ので、ハンガリー大学留学を考えている方は是非ご連絡ください!笑

twitter.com

 

HTMLを少し勉強したので、今回はHTML編集をしてみたのですが、見事に失敗し、どこが間違ってるのかわからず、囲いが少し変になってしまってすみません…

もっと勉強しまーす!

ではまた!

 

 

 

ブダペストで家探し

こんにちはてぃなです。

最後に記事を書いたのが4月ということに驚きを隠せません。

 

さて今回は、先学期からアパートを借りて1人暮らしを始めたのでブダペストでの家探しの仕方をご紹介していきたいと思います。

ハンガリーの場合、日本と違い不動産を通さず、大家さんと直接契約することが多いので契約は慎重にしてください。

Facebookのグループで偽の不動産を掲載している人や、そういう人と契約をしてお金を払ってしまいお金を無駄にした人も実際にいるので、できるなら早めにハンガリーに来て内見をし、大家さんに直接会ってから決めた方がいいです。

妥協すれば物件はたくさんあるので家がないということにはならないと思うので、来てから決めても遅くないと思いますよ😊

むしろ1か月前とかに連絡取ってもまだ契約するには早いよとか言われたりするので(即入居可の場合)、そこまで焦る必要もないです。

私も帰ってくる1週間前くらいにやっと決まりました。

 

家さがしに便利なサイト

googleで、"flat for rent budapest"と調べればたくさん出てきますが、私が使いやすいなと感じたサイトを載せておくのでぜひチェックしてみてください。

Alberlet

英語対応、マップで見れるので最寄駅などがわかりやすい。

画像がない物件もとりあえず問い合わせてみるべし。

私も今の家はここで見つけました。とってもいい物件なのですが来年は友達とシェアするのでもし2019年7月以降に住む家を探している方がいれば紹介するのでぜひご連絡ください。大家さんがスーパーいい人&スーパー立地いいです。

Ingatlan 

ハンガリー語のみですが情報量は多い気がします。

カンで操作していい感じの家があれば英語を喋れるか質問してみるのもあり。

たまに英語で書いてる人もいるので気にいった物件に英語の説明があったらラッキー✌︎

③Facebook

たくさんグループがあります。が先ほども行った通り騙された人や騙されそうになった方もいるので慎重に…

とにかく内見は絶対すること!

 

他にもたくさんサイトがあるので定期的にいろんなサイトをチェックしてみてください。

あとは連絡くれればもしかしたら紹介とかもできるかもです。

 

学生に人気の駅やディストリクトは?

ブダペストはドナウ川を挟んで西側がブダ、東側がペストと呼ばれており、23のディストリクト(区)からできています。

学生だと主に1~9区あたりに住む方が多いと思いますが、7,8区は治安が悪いと言われており、ブダ側が治安がいいとされています。

 

ブダ側はファミリーが多いようで住宅街という感じですが、学生はペスト側で遊ぶことが多いのでペスト側が便利かなーと思います。

ですがブダペスト自体コンパクトな町ですし、24hバスやトラムがあるのでどこに住んでもそこまで不便ではないです。

 

とにかく大学に行きやすい所に住むのがおすすめ。これ大事。

 

国立大学だと中心地にあることが多いのであまり住む場所にこだわらなくてもいいと思いますが、大学が郊外にある場合は乗り換えなしでいける駅の近くに住むと本当便利です。

 

ブダペストは地下鉄が1~4あるので簡単に特徴をお伝えすると、

  1. M1 世界遺産。世界で2番目に古い。とにかく古い。
  2. M2 新し目? ブダからペストを走っているので比較的長め。
  3. M3 ただいま工事中のため不便、あまり好きじゃない人が多い。なんか暗い感じ
  4. M4 新しいので駅も車体も綺麗

って感じです、参考にしてください。

 

 大学がトラム駅から近いなら、4・6トラムは24h走っているのでその駅の近くでも便利かと思います。

  

 

そしてやはり騙されないためにも、内見はマストです。内見も不安な方は友達とかと一緒に行くと安心だと思います。

 

 

ブダペストは毎週のようになにかしらの値段が上がっていて、食品に限らず家賃もどんどん上がってきています。

値段も大事ですが、大変なことがたくさんある海外生活で落ち着ける家があるだけでだいぶ心が休まるのでぜひ自分にあった物件をさがしてください!

 

余談ですが、私は今回しっかり内見をしてとっても素敵な家を見つけたのですが、なんと欠陥住宅でした…

家はカビだらけ、湿気でドアは閉まらず、洗濯物は脱水かけまくっても乾くまでに丸2日という最悪の状況になってしまいました。

1F(ハンガリーでは0F)だと湿気がすごい家がたまにあるみたいなので、2F(ハンガリーでは1F)以上に済んだ方が湿気に悩まされる可能性は少ないかもです。

 

ではまた〜

 

 

 

美食の国?ドナウの真珠、ブダペストでおすすめのレストランvol1

こんにちはてぃなです。

今学期は勉強が全然追いつかずに毎日ストレスでやられてます。

気分が落ち込んでる時、美味しいもの食べるとちょっと元気がでますよね。ということで前学期に比べ外食をしているので今回はブダペストでおすすめのレストランを紹介していきたいと思います。

 

ハンガリーの物価は日本の半額くらいと言われていますが、外食は日本と同じくらいのお店が多いです。ローカルなお店だと安いですが、店内の雰囲気もチープな感じなので旅行者の方には物足りないかもです。

日本みたいな綺麗なレストランで夜ご飯を食べるとしたら、ドリンク1杯+メインでだいたい4000ft(約¥1800)くらいになるかと思います。

 

1 Kaeng Som Tom Yum Thai Restaurant

《予算4000ft》

タイ料理のお店です。日本ではあまり食べたことがなかったのですが週一で食べたくなるくらいハマってしまいました。

世界遺産のアンドラッシー通りにあるので観光客の方も行きやすい立地です。

店内の雰囲気も良く、スタッフの方もフレンドリーでとっても居心地が良いです。

おすすめはこちらのカオマンガイ(2690ft)。生姜の効いたご飯が激ウマです❤️

f:id:Tinaincanada:20180421193255j:image

 

 

2 Frici Papa

《予算2000ft》

こちらはご存知の方も多いと思いますが、ハンガリー料理のお店です。

いついっても混んでいますが、予約はしなくても大丈夫、なはずです。

お皿に料理がちょこんと乗っている感じで見た目は決しておしゃれではありませんが、メイン、ビール、デザートを頼んでも一人2000ft(¥900)くらいで済んじゃうくらい安いです。ブダペストに来た際には是非1度行っていただきたいです😊

おすすめは

  • Fried Cheese 749ft                                                                                                  (かなり大きめのチーズを揚げたものなので1人で食べるにはきついです)
  • Mushroomgulash 839ft                                                                      (グヤージュはハンガリーの伝統的なパプリカのスープです。私はパプリカが嫌いなのですが、このグヤージュは食べれました。お肉にかけて食べるとめちゃくちゃ美味しいです)
  • Fried chicken breast 899ft                                                                     (普通のチキンカツですが、グヤージュかけて食べると美味しいです)
  • Rice369ft            (普通のライスなんですが、海外でよくある塩気のあるパラパラご飯なので好き嫌いは別れるかもですが私は結構好きでついつい頼んでしまいます)
  • Pancake (1 piece) 199ft                                                                         (パンケーキと書いていますが、実際はもちもちのクレープです。いろんな味がありますが、nutellaがおすすめです!(nutellaは260ftくらい)f:id:Tinaincanada:20180421192323j:image

 

3 Grill Mania

《予算2000ft》

こちらはガッツリ系のご飯が食べたい時におすすめです。ハンバーガーが顔くらいの大きさなのに1300ft(¥600)くらいで本当に安いです(お肉の種類で値段が変わります)。暖かい時期は外で食べるとさらに美味しく感じますよ〜

ここはまだ1度しか行ったことないのでハンバーガーしかおすすめできないのですが、また違うもの食べたら紹介しまーす。

f:id:Tinaincanada:20180421200027j:plain


 

 

4 Bellozzo 

《予算2000ft》

こちらはチェーンのパスタ屋さんです。

とっても安いのに注文したらその場で作ってくれて、お店の雰囲気も良く味もとってもおいしいです😁

特にM1のOktogon駅の近くにあるお店はおしゃれでとてもお気に入りです。

おすすめはカルボナーラ1290ft(約¥550)です。大きいサイズもあるので男性にもおすすめです!

f:id:Tinaincanada:20180421192451j:image

 

 

5 Bangkok Thai Restaurant

《予算 平日ランチ2000ft その他4000ft》

またまたタイ料理です。

こちらはタイカレーがとっても美味しくておすすめです。特に平日ランチは1500ft(¥670)ととってもお安いのに、前菜、メイン、ご飯がついていっつもお腹がぱんぱんになります!

starter→chiken spring roll 

main→red curry chicken in coconut milk がおすすめランチです。

f:id:Tinaincanada:20180421192616j:imagef:id:Tinaincanada:20180421192651j:image

 

6 Dang Muoi

《予算1500ft~2000ft》

こちらはベトナム料理のお店です。

店内はとってもチープな感じですが、とにかく安いのにめちゃくちゃ美味しいです!

フォーのサイズもいろいろあるので、小さいのを頼んで、ご飯ものを友達とシェアしたりするのもおすすめです。

おすすめはイカリング(38番 1890ft)と、たけのこと生姜のフォー(8番990ft~)です。

 

f:id:Tinaincanada:20180421192729j:imagef:id:Tinaincanada:20180421192736j:image

 

7 Curry house

《予算4000ft》

こちらはインドカレーのお店です。

インドカレーってハンガリーに来て初めて食べたんですけど、個人的に日本のカレーより好きで、ついつい食べに行っちゃいます。

おすすめはバターチキンカレーとチーズナン。2人以上で行くならナンを何種類か頼んだり、ナンとご飯を頼んでシェアするのがおすすめです。

メニューに唐辛子マークがついてるものは思ってるよりも辛いので、辛いものが苦手な方は気をつけてください!

 

8 奥山の寿司

日本人経営のお寿司屋さんです。

本格的なお寿司が食べれますが、握り(小)3500ft(大)6000ftと海外にしてはお安め。一貫一貫が大きいので、見た目以上にお腹にたまります。

おすすめはバターフィッシュ。日本にはないお魚だそうで、こちらにきてから初めて食べましたが、サーモンに近いお味で私はとっても好きです。ただ名前の通りこってりしているので好き嫌いが別れるかも…

携帯がある方はできれば予約していったほうがいいです。

f:id:Tinaincanada:20180421195343j:plain

 

 

以上ブダペストでおすすめのレストランvol1でした!

ハンガリー料理だけだとすぐに飽きてしまうので、いろいろな国の料理を食べていますが、日本にいた時はこんなに新しいものを食べることがなかったのでとても楽しいです。是非皆さんもレストラン巡りしてみてください。

また美味しいレストランを見つけたらどんどん紹介していきたいと思います❤️

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリタリアーイタリア航空搭乗記《ブダペストー成田》

とってもお久しぶりです。てぃなです。

 

長い冬休みが終わり、ハンガリーに戻ってきました。

冬休みに日本へ帰るか迷いましたが、2ヶ月あったのでさすがに暇すぎて帰りました笑

結局無事にバイト代で航空券代も払えたのでよかったです👍

(帰ってきてすぐに書き始めたのに気づいたら1ヶ月半たってました…あれ…)

 

《東京からブダペストの航空券》

ブダペストー東京間は直行便がないので乗り換えが必須になります。

今回は乗り換え時間がましで、かつ一番安かったアリタリアーイタリア航空で帰国しました。

ブダペスト(BUD)ーローマ(FCO)ー成田(NRT) で往復¥65,000でした。安い!

f:id:Tinaincanada:20180304060341p:plainf:id:Tinaincanada:20180304060418p:plain

フライトはこんな感じです。

行きはちょうどいいトランジット時間だったのですが、帰りは夜から朝にかけて14hだったのでホテルで一泊したのでトータルで¥75,000くらいにはなりましたが、それでも他の航空券より断然安くすみました😊

先に結果をいうと、あまりいい噂を聞かなくて期待していなかった為か、とっても満足でした!飛行機慣れしている方にはおすすめですが、そうではない方は便によっては不便かも… 

 

よかった点 

・機内食が美味しい

・席をしっかり選べばとっても快適

・他の航空会社に比べて圧倒的に安かった

悪かった点

・ヘッドレストが高いため、背の高い方にはとっても邪魔かも…

・機体が古いと乗り心地は悪い(ただこれはどこの航空会社も同じだとは思いますが、今まで乗った中で一番古かったです)

・乗り換え時間が長い&空港滞在できなかったためホテルをとらないといけないのが不便だった(これは便にもよるのですが、成田ーブダペスト間はどの日程を見ても不便そうな乗り継ぎ時間でした。フィウミチーノ空港は女性が1人で夜を過ごすには不安を感じるような雰囲気でした。)

という感じです。

 

《機体・シートについて》

往路のAZ784は機体が古かったです。                     20Lの座席にしましたが、他の座席より少し広かったので1番前の席が取れなかったら20JKLの席でもいいと思います。

復路のAZ785は機体も新しくシートもよかったです。               今回初めて最前席をとったのですが、とんでもなく快適だったのでこれからは空席があれば最前列の席にしようと思います。

f:id:Tinaincanada:20180304065956p:plain

《機内食について》

機内食は他の航空会社と同じくらいのレベルか少し上くらい。

私は機内食の朝ごはんがとっても苦手なんですが、アリタリア航空の朝ごはんは全部たべれたので私的にはとっても満足でした😊

とにかくエアカナダの機内食が不味すぎたので、エアカナダにのった後はどの航空会社でも美味しいなあと思えます笑 

f:id:Tinaincanada:20180331084755j:image

f:id:Tinaincanada:20180331084757j:image

復路のごはんは撮り忘れました…orz

 

ちなみにエアカナダの話はこちら↓(もう2年前なのでちょっと文が幼いですが…今もか。)

tinaincanada.hatenablog.com

 

《独断と偏見による航空会社ランキング🏆》

(今の所国際線に乗ったことある航空会社の中でのランキングです)

《前回》

1位 ANA

2位 タイ航空

3位 エティハド航空

4位 コリアンエアー

5位 Wizz air(1番上のクラスだった為)

6位 デルタ航空

7位 エアカナダ

 

今回

1位 ANA(全部いい)

2位 タイ航空(ご飯美味しい&CAが美人)

3位 アリタリア−イタリア航空(コスパの良さで考えるととにかくやすいしご飯が美味しいので旅慣れしてる人なら不便はないかと…ただトランジットがとっても長かったり短かったりするみたいなのでその辺はよく考えてからの購入をおすすめします👍)

4位 コリアンエアー(可もなく不可もなく。あまり記憶に残ってません笑)

5位 Wizz Air (1番上のクラスだった&近距離だったため。空飛ぶバスって感じ)

6位 デルタ航空(全部、まあまあって感じだったような…)

7位 エアカナダ(運が悪かったのかなんなのか、いいところが見つからないです)

 

という感じです。

夏休みは初めてJALに乗って帰国するのでまた搭乗記を書きたいと思います!

(6月ー9月だったので往復7.5万円という安さでした!!!最高)

 

ではまたー

 

 

日本→ハンガリー EMSで荷物送ったら関税(約¥7800)取られた。の巻

こんにちは。ティナです。

 

ツイッター

Тина (@hateucuziloveu) | Twitter

を見てくださってる方はご存知かと思いますが、日本からハンガリーにEMSで荷物を送った結果、関税14400huf+配達料3000huf取られちゃいました〜😭(日本円で約¥7800)

ハンガリーって世界一税金が高いらしいのでもっと高額になるかと思って不安だったのでまぁ良しとしよう笑笑

 

ただEMSにも高額な配達料を払っているのに、なぜかダブルで取られてしまったわけです。はぁ…

 

我が家は姉も留学していて、何回もEMSで仕送りしていますが関税取られたのは今回が初めてです。

姉はイギリスにも関わらず引っかかってない!奇跡!

16kgの荷物だったのですが、やはり大きいから引っかかったのかな〜?

何度も日本から荷物を送ってる方が言うには5kg程度なら引っかからないとのことでした。

20kgでも引っかからない方もいるのでこればっかりは運ですね…

 

まぁ関税はそこまで高くないのでいいとして、問題は到着までの時間と手続きのめんどくささです。

 

税関で引っかかるとまず、税関申請書?のようなものを送れというショートメール?SMS?がくるのですが、文章は英語で書いてあるので読めるのですが、残念ながら荷物の中身をハンガリー語でかかないといけません。私はとりあえずグーグル翻訳で書きました。

 

この時に中身があってないといけないので、EMSで送って貰う際にも英語で税関申請書を書いて貰うと思うので必ずそのコピーをとっておきましょう。

そのあと何回も何回もメールのやり取りして、配達先を選んだらやっと届きます。

自宅までだと3000huf,近くの郵便局だと2200hufだったかな?16kgと重いので自宅までにしましたが、配達予告もなく、再配達もないので、ここでも運次第では3000huf払って郵便局で引き取ることになります笑笑ハンガリーめんどくさーい。

 

私は今回、食料品やイヤホン、計算機などに関税がかけられましたが、衣類やスケート靴は大丈夫だったので、本当にusedの荷物だけ送るなら関税の心配はしなくて大丈夫だと思います。

EMSは通常最長で1週間で届くと思うのですが、今回は1ヶ月かかったので、気長に待てる方はやはり船便で安く送った方がお得かなと思います。税関も引っかかりにくいみたいですし…

 

荷物のおかげで留学早々病んでたので、関税取られようがとにかく届いてよかったです笑笑

久しぶりにスケートもできたし、誕生日がもうすぐなので誕生日プレゼントと思ってもう気にしないことにしました笑

 

ハンガリーだと情報も少なくて本当にわからないことだらけなので、これからも色々留学情報提供していけたらなと思います^_^

では!

ハンガリー大学留学費用を予測してみるの巻〜帰国するときに答え合わせするよ!〜

こんにちはてぃなです。

 

つい先日、ツイッターでハンガリー留学費用についてツイートしたのですが、個人的に費用を計算してみたかったので、ブログに載せることにしました。

まだ1ヶ月たってないので、10ヶ月間でいくら使うのか予想をして、帰国するときにすべての月の使用金額を計算してみたいと思います。

大学がある9月から6月の10ヶ月間で計算をしています。

 

来年からハンガリー留学を考えている方などはぜひ参考にしてください😊

 

まずは9月の生活費、家賃の合計金額 →約¥58,557(1HUF=¥0.43)

<内訳>

  • 家賃 62000HUF(¥26,660)
  • 新生活に必要なもの(調理器具や寝具など)¥9,836
  • 交通費 ¥4,828
  • 食費 ¥9,563
  • 外食 ¥6,664
  • 携帯代(プリペイドSIM)¥860

9月は1ヶ月間ではなく、10日からの3週間分の生活費なので、そのことをふまえてこれからの生活費を予想すると…

  • 家賃 ¥26,660
  • 交通費(10月からは定期)¥1,484
  • 食費  ¥13,000
  • 外食    ¥9,000
  • 携帯代  ¥860
  • お小遣い ¥3,000

合計 約¥54,000

という感じですかね。

ただ私は引きこもり体質なので、外食とお小遣いがかなり抑えられているため、遊びに行ったり買い物したりするのが好きな人はプラス1万くらいあるといいかなと思います。

それでもケチな私としては、月5万に抑えたいところです…

 

生活費の予想ができたので、これを踏まえて10ヶ月間の留学費用を計算すると…(1EUR=¥130)

  • 生活費(寮費込み) ¥540,000
  • 学費        ¥572,000(4400EUR)
  • 航空券代                      ¥200,000(多めに見積もり)
  • 保険代       ¥15,600(120EUR)
  • その他1年目の費用(application fee,visa assistance fee,新生活グッズなど)¥35,000

合計金額 ¥1,362,600になりました。

日本の私立大学(文系)の初年度平均が111万、国立文系が80万なので、航空券まで含めて130万は大学留学と考えると破格だと思います。

私の大学はブダペストでもトップクラスの学費の安さなので、大学や寮によっても値段は変わってきますが、高校留学よりも安く留学できてしまうので、かなり留学しやすいんじゃないかと思います。

 

ブダペストの生活費は思っていたほど安くないです。と書いていたのですが、1年半住んでみて、やすいなと感じるようになりました。

ただ、消費税が高いためか外食は東京と同じくらいの値段になります。

自炊する場合はとてもやすいんですが、ブダペストの物価は上がってきているので、医学部留学などで長期滞在を考えている方は、予想してるより費用がかかるかもということを念頭に、留学を検討した方がいいかと思います。

 

〈食品などの大体の値段〉

 

外食(安いお店)¥400~1000

外食(普通のレストラン)¥1000~¥2000

豚肉/鶏肉 1kg/¥450

人参/じゃがいも/玉ねぎ 1kg¥150

牛乳 1L ¥70

オレンジジュース100%果汁 ¥180

 

 

 

ではまた!