読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エアカナダには一生乗りたくない。(カナダ帰ってきました)

こんばんは。

サマータイムも始まり、カナダはかなり日が長くなったように感じます。

 

日本で過ごした2週間半楽しかったけど予想通り戻りたくなくなったのでやっぱり留学中の1時帰国はおすすめしません。

 

ちなみにタイトルにも書いてある通り、今回の旅でエアカナダが本当に嫌いになりました。

 

記事にもしたのでみなさんご存知とは思いますが、まずはフライトが3度天候によりキャンセル。その後人為的ミスなのか未だ分かりませんが1日延び結局2日遅れました。

2日って短いようで意外と長く、いろいろ計画崩れました。

 

詳しくはこちら

tinaincanada.hatenablog.com

 

その後飛行機に乗ったはいいものの、トロントでまたもや足止めをくらい離陸10分前に搭乗とさんざんな旅でした。

tinaincanada.hatenablog.com

 

で、帰る日のフライトが17:00だったんですが前日の夜中にチェックインしようと思ったら、できない(は?)

ANA→United Airlines→Air Canadaの予定でしたが、ユナイテッドでもチェックインしようとしたらチケットが無効と出てくるではないですか!

 

急いでお母さんがANAに連絡するも、日本は深夜12時。アメリカ支社に電話が飛ばされるも出ない。

それでも粘ってくれて、深夜の1時くらいにやっと繋がりました。

 

私は目の前で待機してたんですが、お母さんの顔を見る限りやばそう。

 

お母さん『チケットキャンセルされてるらしい』とのこと。

いやもう意味わかんない。全然わかんない。

 

つまりはですね。

航空券はNO  SHOWといって往路便に乗らないと復路便は自動的にキャンセルになるんです。

これは知っていたんですが、私はフライトキャンセルにより往路の航空会社が変わってしまっていたので、乗ったには乗ったけど予定と違ったからキャンセルされたらしい…

ちなみに日系などはちゃんと連絡してくれるみたいですが、北米系エアラインはよくあるみたいなのでみなさんも往路便に変更があれば、復路便はすぐに確認の電話をしてください。

 

まあこんなわけで私の復路便はキャンセルされてました。

 

おわり。

 

なわけなくて、普通に帰れないと困るので代わりの飛行機を探してもらうと、

羽田ならある。ということで同時間帯の羽田発になりました。

今回はたまたまお父さんも休みだったので羽田まで運転してもらえましたが、うちのママンは首都園に住んでるのに都内は運転できないので大変なことになってました。

(あと国際空港が近くに2つあってよかった)

 

まあてなわけで飛行機には無事のれました。

 

でも最後の最後までエアカナダはやってくれました。

 

トロントで荷物を待っていたら2つスーツケースを預けたのにもう一つはこない。

なんだかんだ待っていたら次の便の人も来始めたのでとりあえずお姉ちゃんに電話。

私『ウケる次はロスバゲされた笑』

もう2人で笑うしかありません。

 

とりあえずカウンターに行くもスタッフは私が目の前にいるにもかかわらず携帯見ながらにやにや(まじぶん殴りたかった)

とりあえずもっかい見てこいと言われましたがあるわけもないのでいくだけいってすぐ戻ったら、スタッフが変わってまだましな感じの人になってたのでとりあえず話したら、いろいろ記入させられて終わり。

荷物は届けまーすみたいなことを言われ不満ながらもとりあえず乗り換えするために次のゲートへ。

 

その後はまあまあ特に何事もなく、飛行機も送れずに帰ってこれました。

ちなみにロスバゲされた荷物は翌日届きました(一安心)

 

もうなんか今回の旅ひどすぎて本当にエアカナダには今後一切関わりたくないです。

あと、エアカナダは機内食もまずくて硬くて(ご飯はどこかしらたべれない箇所がある)、CAの方も北米系はやはり日系とかと比べると適当なので好きじゃないです。

(カナダに移住してエアカナダで働こうと思ってた自分ばか)

 

みなさんも、北米に旅行する際は是非いろいろきをつけてくださーい🔥

 

ではまた( ^_^)/~~~