読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が留学するまで…

こんにちは。

今日は私が留学するまでの話です。


私は小学2年生からECCに通っていました。

4年生までは英語大嫌いで、宿題もほぼやらなかったし毎週怒られていました。

ですが、4年生の時に中学2年生の姉がアメリカにホームステイに行ったんです。

帰ってきてから話を聞いたりして本当に楽しそうで、ちょうどその時海外ドラマや映画に(特にHSM笑)はまっていたので、私も中学生になったらアメリカにいきたいと思い、英語をちゃんと勉強し始めたんです。


もともとやればできる子だったのか、英語にどハマりしたのか理由は定かではないですが、メキメキ英語力がついていきました。(自分で言っちゃう笑笑)

日本のテレビはほぼ見ずに、毎日海外ドラマや映画を字幕で見てたのが効果あったのかなーと💭😏


中学に入ってからは英検や暗唱大会なども挑戦して、英語漬けの日々でした。

でも、自分の英語力に満足しなくて、次第に留学したいと思うようになったんです。

そんな時に私もアメリカにホームステイに行けることになって、もう夢のような生活で、自分の英語力も実感できて、やっぱり高校は海外だ!と思いました。

帰ってきてから費用を調べたらあまりにも高くてこの時は1度諦めたんですが…


中学3年生になって、受験勉強して、夏休みには高校めぐりをして、本当にこのままでいいのかなーってずっと考えてたんです。

ちょうど姉が私が中学3年生の夏からイギリスの大学にいく予定だったので、その影響もあったかもしれません。


高校も満足できそうな英語教育をしているところがなくて、インター行こうかなと思ったら留学より高いしでやっぱり留学するしかない!と思い留学について調べはじめました。


そこで、カナダのノバスコシア州を見つけたんです。ノバスコシア州は先進国で1番費用が安く、頑張れば1年でお小遣いや航空券全部合わせても200万ちょっとなことが分かったんです。

もちろん私立に比べたら倍以上かかるし、到底払える額ではありませんでした。

でも教育ローンを借りればなんとかなるかもしれないと思い、シミュレーションをしたりして多分行けるなと思い親に留学したいと話しました。


最初は相手にもしてもらえず、現実的じゃないと言われてしまいました。

でも私は絶対に留学したかったので内緒で留学説明会に応募したり、教育ローンの仮審査したりしてなんとか親が考えてくれるようになりました。

高校留学の情報はもちろん、教育ローン、人生プラン、大学、など全部調べ上げて半年間親を説得し教育ローンを借りれればいってもいいよと言われ、留学が決まりました。

それも本当ギリギリで私立高校の出願する2,3日前だったかな…


もちろん高校で教育ローン借りるので大学に行くお金なんてありません。

ただ、学費が無料の大学がたくさんあることを知り、もともと北欧に住みたかったので特に大学の心配はしていません。

大学は働いてからでも行けます。

でも高校生活は1度きり。

だから私は絶対に諦めなかったんです。


中学卒業してからは半年間アルバイトして、サマーキャンプや一年間のお小遣いをため、カナダに来ました。

高校で留学は本当に大変です。

でも、私は1度も後悔したことないし、日本に今すぐ帰りたいと思ったこともありません。


もし、高校留学で悩んでる人がいたら気軽に相談してくださいね!

高校留学で得るものは本当に大きいと思うので、行きたかったら期間は短くても絶対に行くべきだと思います。


すごい長くなってしまいましたが、読んでくれてありがとうございます。

次の記事では高校生活について書いていきたいと思います!

ではまた。😚🙌