高校生やめました。

こんにちは、お久しぶりです。

 

突然ですが、高校生やめました。

実は、カナダの高校に留学後、イギリスのcollegeでAレベルを学ぶ予定でしたが、5,6校に願書を送ったものの、留学生の受け入れをやめてしまったり、イギリスとカナダの学年制度の違いから、カナダでgr11かgr12終わってからじゃないと受け入れられない。と言われてしまい、最終的には1校受かったのですが、留学生だけのクラスな上、学費も他の学校よりかなり高かったのでとりあえず今年は留学を見送り、高認を受けることにしました。

 

高認に受かれば、国内大学はもちろん、海外大学にもいけるので、来年の9月からか、再来年の4月から、大学に入れたらなと思っています。

 

またフリーターになりますが、今年はギャップイヤーということで、出来る限りいろんな国に行って、いろんな経験をできたらなと思います。

 

かなり普通とは違う道にはなってしまいますが、まずは高認に受かるように勉強を頑張りたいと思います。

 

留学はしませんが、旅行のことなど、ブログに書いていきたいと思うのでこれからも見ていただけたら嬉しいです。😁

 

TINA

将来の話~大学編~

しばらく更新してなくてすみません、おひさしぶりです☺️


今日は少し真面目な大学の話。


以前、留学前に絶対読んでおきたいブログ3選という記事で紹介していただいた時に、前のブログで書いていた記事を紹介してもらったのですが、

"TINAが日本の大学に行く可能性はゼロです。 
年間100万以上の学費を払ってるのに合コンだの遊びだのそんなんしてるなら大学やめてしまえ!って感じです。 

それなら私は学費無料で日本の大学の5倍勉強する道を選びますね。 "

http://www.keikawakita.com/entry/2015/03/sa-blog/


と言っていたので、ちゃんと記事に書いておこうと思ったので今書いています。


実は今のところ、日本のトップ大学に行くのもアリかなと思っています。

もともとフィンランドの大学に行きたかったし、今でもできればフィンランドとか、北欧の大学に行きたいなと思っていますが、しっかり調べるとかなり難しそうなんです。


私はずっとフィンランドの大学に行きたかったんです。学費も無料だし、フィンランド語学びたかったし、教育や福祉など色々興味もあり、すごくいい選択肢だと思っていましたが、最近学費が無料じゃなくなってしまいました。


無料ではないとはいえ、年間20万円ほどなのですが、生活費が月7~10万円、バイトもフィンランド語というのは無理だと思うので、年間120万を4年間。


行けなくもないんですが、やはり高校も留学してお金がかなりかかってますし、なにしろ正規留学生の枠がかなり少なく、今の時点では厳しいかなと思います。


大学の費用だけだと日本の私大と変わらないんですが、実は今日本であるビジネスを始めたいなと思っていて、仲間を集めて構想中なので、無理して行かなくてもいいんじゃないかな?と思うようになりました。


あとは、日本のトップ大学に行けば、色んな国に提携校があるので、1年間交換留学をして、現地の言葉を学べたら、4年間英語で授業受けるよりも自分には魅力的だなと思っています。


昔は何も知らずに大学生はみんな遊びほうけているもの。と決めつけていましたが、色々な人と出会い、自由な生活を手に入れられる大学だからこそ、ちゃんとやりたい事をやれば大学外でもなんでも方法はあるじゃん!と今は思い、日本の大学を第一希望に考えています。


まだ2年ありますし、やはりフィンランドの大学に行くことも捨てきれないというか、やはり第一希望はフィンランドとか北欧に行きたいなと思っているので、可能なようなら海外の大学に行こうと思っていますが、前のブログで日本の大学に行く可能性はゼロ!と言っていたにもかかわらず、考えが変わり、今はハーフハーフくらいの可能性なので、ご報告と、ちゃんとした理由を伝えておきたいなと思い、書かせていただきました。


正直、今はまだ高校1年の終わりで、あと2年間の高校生活の中で、制度が変わったり、考えが変わったりするかもしれません。

特に年々留学生の増加により、費用が高くなっている印象です。

ですが、自分のベストを尽くせる人生プランをこれからも考えていきたいと思います。


長文でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

大学のことでアドバイスがあれば是非コメントください。


------------------------------------------------------

私の留学をサポートしてくれている、ナデシコ留学さんは女の子専門の留学エージェントで、大企業ではない分、すごく親身に相談に乗ってくれて本当にオススメです!

私もブログをちょいちょい書いているので、HPとブログを是非チェックしてみてください!

http://nadeshikoryugaku.com/



私が所属する学生団体、Global Highschoolers、略してGHでは留学中のメンバーが動画をあげています。

私も動画をあげているのでこちらも要チェック

https://youtu.be/YEx0pMlekGk



銃を持った生徒が立てこもり… 実は珍しくない

こんにちは。

帰国してから2週間しか経ってないことに絶望しているてぃなです。(だから一時帰国はしたくなかった)

 

実は昨日衝撃的なことがありました。

 

ご存知のかたも多いと思いますが私は留学3ヶ月目に転校しているんですが(したくなかったけどね)、前の学校の子とテキストしていたらいきなり

”ねぇ、学校ロックダウンしてて生徒が銃を持ってるみたいでかれこれ2時間床に座ってるんだよね〜”

といってきたのでいやそんな馬鹿なこんな田舎で、と思ったらガチでニュースになってました。

 

結局4時間ほどたてこもってたみたいですが友達が I am fucking scared and i don't wanna die in here といってて本当にこっちまで泣けてきました。

ちなみにその子はトルコの子なんですがお母さんもまさかカナダにきてまでこんな事件に巻き込まれると思ってなかったでしょうね。

 

結局怪我人も出ずすみましたが、留学して初めて海外の恐ろしさというものを感じました。

 

でも実は、大事件にはなってはいないもののこっちではよくあることみたいなんです。

ちなみにこの前日、ハリファックス(ノバスコシアの州都)でも同じような事件があったみたいですし、去年なんか3校連続であったみたいです。

 

アメリカが銃社会というのはみなさんご存知かと思いますがカナダでは猟銃を持っている家庭も多いみたいですし、普通の銃も日本とかに比べたら手に入れやすいんでしょうね。(よくわかりませんが)

 

とにかく今回はみんな無事で過去にも大きな事件にはなってないわけですがいつ何がおこるかわかりませんから本当に恐ろしいです。

どんなに安全と言われていても日本に比べたらはるかに危険が多いのは事実です。

ドラッグやタバコなどの誘惑も含め…

 

今回の留学、本当にいろいろありすぎて精神的に疲れましたが9月からはイギリスにいけそうなので、次こそうまくいけばなと思います。

 

安全と安心はお金で買うものなので無理してでもいいところに留学するべきです。

ノバスコシアはもうこりごり…

エアカナダには一生乗りたくない。(カナダ帰ってきました)

こんばんは。

サマータイムも始まり、カナダはかなり日が長くなったように感じます。

 

日本で過ごした2週間半楽しかったけど予想通り戻りたくなくなったのでやっぱり留学中の1時帰国はおすすめしません。

 

ちなみにタイトルにも書いてある通り、今回の旅でエアカナダが本当に嫌いになりました。

 

記事にもしたのでみなさんご存知とは思いますが、まずはフライトが3度天候によりキャンセル。その後人為的ミスなのか未だ分かりませんが1日延び結局2日遅れました。

2日って短いようで意外と長く、いろいろ計画崩れました。

 

詳しくはこちら

tinaincanada.hatenablog.com

 

その後飛行機に乗ったはいいものの、トロントでまたもや足止めをくらい離陸10分前に搭乗とさんざんな旅でした。

tinaincanada.hatenablog.com

 

で、帰る日のフライトが17:00だったんですが前日の夜中にチェックインしようと思ったら、できない(は?)

ANA→United Airlines→Air Canadaの予定でしたが、ユナイテッドでもチェックインしようとしたらチケットが無効と出てくるではないですか!

 

急いでお母さんがANAに連絡するも、日本は深夜12時。アメリカ支社に電話が飛ばされるも出ない。

それでも粘ってくれて、深夜の1時くらいにやっと繋がりました。

 

私は目の前で待機してたんですが、お母さんの顔を見る限りやばそう。

 

お母さん『チケットキャンセルされてるらしい』とのこと。

いやもう意味わかんない。全然わかんない。

 

つまりはですね。

航空券はNO  SHOWといって往路便に乗らないと復路便は自動的にキャンセルになるんです。

これは知っていたんですが、私はフライトキャンセルにより往路の航空会社が変わってしまっていたので、乗ったには乗ったけど予定と違ったからキャンセルされたらしい…

ちなみに日系などはちゃんと連絡してくれるみたいですが、北米系エアラインはよくあるみたいなのでみなさんも往路便に変更があれば、復路便はすぐに確認の電話をしてください。

 

まあこんなわけで私の復路便はキャンセルされてました。

 

おわり。

 

なわけなくて、普通に帰れないと困るので代わりの飛行機を探してもらうと、

羽田ならある。ということで同時間帯の羽田発になりました。

今回はたまたまお父さんも休みだったので羽田まで運転してもらえましたが、うちのママンは首都園に住んでるのに都内は運転できないので大変なことになってました。

(あと国際空港が近くに2つあってよかった)

 

まあてなわけで飛行機には無事のれました。

 

でも最後の最後までエアカナダはやってくれました。

 

トロントで荷物を待っていたら2つスーツケースを預けたのにもう一つはこない。

なんだかんだ待っていたら次の便の人も来始めたのでとりあえずお姉ちゃんに電話。

私『ウケる次はロスバゲされた笑』

もう2人で笑うしかありません。

 

とりあえずカウンターに行くもスタッフは私が目の前にいるにもかかわらず携帯見ながらにやにや(まじぶん殴りたかった)

とりあえずもっかい見てこいと言われましたがあるわけもないのでいくだけいってすぐ戻ったら、スタッフが変わってまだましな感じの人になってたのでとりあえず話したら、いろいろ記入させられて終わり。

荷物は届けまーすみたいなことを言われ不満ながらもとりあえず乗り換えするために次のゲートへ。

 

その後はまあまあ特に何事もなく、飛行機も送れずに帰ってこれました。

ちなみにロスバゲされた荷物は翌日届きました(一安心)

 

もうなんか今回の旅ひどすぎて本当にエアカナダには今後一切関わりたくないです。

あと、エアカナダは機内食もまずくて硬くて(ご飯はどこかしらたべれない箇所がある)、CAの方も北米系はやはり日系とかと比べると適当なので好きじゃないです。

(カナダに移住してエアカナダで働こうと思ってた自分ばか)

 

みなさんも、北米に旅行する際は是非いろいろきをつけてくださーい🔥

 

ではまた( ^_^)/~~~

 

 

IELTS for UKVI Academicを受けてきた。

こんばんは。

愚痴ばっかりの記事から早1週間半。とうとう帰国の目的であるIELTSを受けてきました。

 

IELTSは2種類あって、普通のものとUKVIというVISAとか用のよりオフィシャルなものがあります。

 

今までは普通のもののみで、値段も2万円ほどだったのですが(確か)

2015年から、VISAなどの申請にはUKVIをうけなくてはいけなくなりました。

これを受けておそらくほとんどの学校がUKVIの成績を求めていると思います。

 

ちなみに UKVIは4万円します(死)

私は一時帰国もしたので1回テストを受けるのに16万もかかってますね(失笑)

 

まず。私が9月からイギリスに行くのに必要なのは全セクション5.5以上。

5.5というのは4年制大学卒業レベルみたいです。

 

英検は受けたことありますが、選択問題のみなので難しさが全然違います。

準備する時間も1ヶ月くらいしかなくて2日前の模擬テストでは

スピーキングとリスニングは6.5をとるもののリーディングとライティングは5.0。

なかなかギリギリのラインです。

受かってるかなあ☁️

 

私はIELTSを受ける前、当日の流れなどが気になったので今日はそのことについて書きたいと思います。

 

まず、IELTS for UKVIには1dayと2dayがあります。

2dayの場合スピーキングが別の日(通常は筆記テスト1週間前の日曜日らしい…)

になります。

私が今回受けたのは1dayです。

 

まず、筆記テストは8:20までに受付をします。

少し早めに行って控え室で最後の見直しをするのがおすすめ!

 

受付の前に荷物を預け、パスポート以外は全て置いていきます。

UKVIの場合は筆記用具も配られ、時計も持ち込み禁止なので本当にパスポートのみ持ち込みがゆるされています。

 

受付は英語で申請内容を確認します。

未成年の場合はここで保護者の同意書を渡さないといけませんが私は全く知らず…

当日中に送れば大丈夫みたいですが皆さん気をつけましょう。

 

受付をしたあとは写真を撮って、指紋登録をします。

写真は筆記試験のときと、スピーキングのとき。合計2回とりますのでみなさんメイクはしておきましょう。(別に誰がみるってわけでもないけど…)

 

その後会場に入ります。

席を確認するのに受験番号が必要なので受付で言われたときに覚えておくといいと思いますが、忘れても調べてくれるので特に問題はないです。

 

みんな精神統一をしているのか、ただただ眠いのかわかりませんが伏せている人が多かったです。見た所受験者はほとんど大学生か社会人。

 

机の上には受験者の詳細が書いた紙、鉛筆3本、消しゴム1個、鉛筆削り、350mlくらいの水が置いてあります。

 

試験は9時から始まりますが、時計がないので時間が把握できてません。

最初はネイティブスピーカーがいろいろ説明して、リスニングが始まります。

音はかなり大きいので安心。

 

緊張していつも以上に早く聞こえました。焦る。

 

リスニングとリーディングは同じ回答用紙なので問題用紙のみ回収されます。

 

回収して数を確認したあと、すぐにリーディングが始まります。

今回はなんか調子良くて3分残して終わらせることができました(ちゃんと解けたかどうかはわからない)

 

トイレ行きたいかたはリーディングが終わった瞬間がいいと思います。

 

最後はライティング。とりあえず無理。

英語力はもちろん文章力がないため絶望的。

とりあえず字数は越えた。話によると字数が足りないと最低1.0落とされるらしい。

気をつけましょう。

 

最後に荷物を受け取り、筆記テストは終了です。

時計がないのですが、前のスクリーンにタイマー?みたいなやつで残り時間が表示されるのでご安心を。

 

12時に試験が終わり、人によりますが私はスピーキングが14:20受付だったのでランチをたべにいきました。

飯田橋周辺のランチ情報を調べておけばよかったと少し後悔。

スピーキングがあるのにペペロンチーノを食べました。

 

スピーキングは受付時間5分前到着がちょうどいいと思います。

受付会場にはいったら荷物をおき、パスポートのみ持って席で待ちます。

 

呼ばれたひとからパスポートを渡して、指紋をとったり写真をとったりします。

席に戻ったら結果の郵送先の記入をして待ちます。

すると試験官がやってきて名前を呼ばれ一緒に部屋に行って試験スタートです。

 

終わったらもとの部屋に戻り、英語で名前と生年月日を言ったら試験終了です。

結果は13日後にネットで見ることができますし、郵送もされます。

 

長い1日だった〜。

緊張しないのは無理だと思いますが、できる限りリラックスして臨んでください。

 

私はもっと同義語を勉強しておきたかったです。

IELTSを受ける際はいろんな会社の無料模擬試験を受けることをおすすめします。

 

本当に時間なさすぎて十分な準備ができなかったのが悔しいですがなんとか受かってることを祈ります😭

 

ではまた〜

 

 

トロントで涙するもバンクーバー到着。

こんにちは。

やっとバンクーバーにたどり着きました。

あとは成田行きの便に乗るだけです😊

 

いや〜4回フライトがキャンセルされるってなかなかないですよね。
本当に長かった〜

 

まず、最終的な変更は

3/5 13:30(悪天候) → 3/5 20:15(悪天候)→ 3/6 05:15(悪天候)→ 3/7 05:15(いまだ謎) →3/8 05:15

って感じになりました。

 

スタート地点に立つまでどんだけ笑😭

 

まあそんな感じで、5回目にしてやっと飛行機に乗ることができました。

お母さんがエアカナダに電話してくれて、飛行機も確認し、無事帰れることが決まり、
荷物の引き取りも成田までしなくていいし、チケットも成田までの分までもらい、旅は順調に進むはずでした。

悪運のおてぃなさん、まだ悪運が続いてました。
(私、そんなに日頃の行いが悪いのだろうか。)

 

トロントで乗り換え時間が1時間しかなかったんですが、幸い到着も早く、ゲートも近かったため、
MACやVictorias Secretものぞきつつ、お腹も空いていたのでTimでおやつまで買う余裕ぶり。

家族のラインでも
「めっちゃ余裕でおやつまで買った〜。帰れる〜」
みたいな感じで調子ぶっこいてたんですが、ゲートに行ってパスポートとチケットを見せたところ、
Could u come here for me plz?
と言われ、カウンターへ。(列はカウンターの端にあるんですが私はど真ん中で待たされました)
で、他の乗客の案内が終わりいよいよ私のところへ。

 

いやでも電話でちゃんと確認したしなーと思い、少し謎に思ってたところで、

あなたの航空券、バンクーバーから成田までの分がないわよ。

と言われました。(そんなばなーな)

 

いやねえだって電話で確認もしたし、ちゃんと航空券も3枚もらってすべて揃ってたんですよ。
なのに航空券ないって言われても、いや私の知ったこっちゃない。

 

とりあえず焦り始める私。
この時点で離陸30分前。

 

とりあえず2人がかりでいろんなところに電話してくれたりしたもののなかなか、解決できず
離陸15分前。

 

おじさんに、フライト変わったの?変わったなら変わった時紙をもらったはずだよ、と4回くらい聞かれるも
私だって昨日何もわからず家に帰されたのに知るわけないじゃんと脳内ではブチ切れ。
悔しすぎてこのあたりから昨日ほどではないものの涙が…

 

どこまで私を困らせるんだエアカナダよ。

 

まあでもいろいろ頑張ってくれて、離陸10分前にチケットの間違い?よくわかんないけど
Fixされたから乗っていいわよ!と言われギリギリの搭乗。

もちろん一番最後の搭乗でした。

 

とりあえず、なんでこんなことになってるかわかりませんが

とにかくむかつく。

 

一生エアカナダなんて乗るものかと思いましたが、帰国の便エアカナダだったわ。

 

北米系は評判悪いですが、エアカナダはなかなかのひどさ。

たまに、機内食が豚の餌とか言われてますが、まあまずいです。

あとエンターテイメントやら、とりあえず快適な旅はできないので、他の航空会社をおすすめします。

ファザーもエアカナダしか乗ったことがなくて、去年いろんな飛行機に乗ったら意味わかんないくらい快適で、エアカナダが一番悪いことに気付いたらしいです。

だから、 少し高かったけどUnited Airline(よくわかんないけど、wifiある時点でエアカナダよりまし)で予約したのに結局全部エアカナダっていう笑

 

とりあえず、今回の旅、もはや修行レベルでした。(まだ終わってないけど。ちゃんと帰れるはず)


Twitterとかみんな心配してくれてありがとうございました。

 

とりあえずもうすぐ日本に帰れるので、3日も予定が潰れた分頑張って楽しみたいと思います。
今回は多分バイトも厳しそうなので遊びまくります。

 

ではまた。次は日本からのはず…

 

 

 

 

 

飛行機が4度キャンセル。大号泣。

こんばんは。

 

この間記事に書いたように5日の13:30の便で日本へ帰国する予定でしたがなんと久しぶりのスノーストーム直撃(なぜ今日なんだ)。

フライトはどんどん変わっていき、3度のキャンセルののち、

3/5 13:30 →  3/7 05:15になりました。

帰国日も丸一日ずれた上、乗り換えの場所や時間、航空会社においてもすべて変更され、帰国する前からつかれはてています。

 

2度フライトがキャンセルされたあと、次に乗る予定だったフライトに乗れないと予定通り、7日に帰国することが不可能になってしまうためなんとか天候回復しないかなと祈るような気持ちでホームページをチェックしていたところ、フライトの14時間前にもかかわらず飛行機がキャンセル。

誰のせいでもないため保証はもちろんありませんし、怒りすらぶつけられず、とにかく絶望的な気分でした。

 

まあ予定は特になかったので、大迷惑というわけではありませんが、3週間の帰国のうちの1日が潰れてしまうのはかなり悲しいです。

そして乗り継ぎに失敗すると(トロントの乗り換えがわずか1時間)2日帰国がずれてしまう可能性もあるため、トロントで1夜を過ごそうと決め、フライト変更しようと思ったら、マザーが寝てしまい、結局5:15の便に乗ることに。

(ここまでが夜書いておいた分で、飛行機で更に書き足し、私は帰国する予定であった…が…)

 

で、朝の3時に出発し、1時間半ほどあったため、余裕あるなぁーと思って、カウンターに並んだら問題発生。

トロントまでのフライトはあるけど、何らかの原因によりトロントから成田間の航空券が発券されない。と。

 

…は?

 

いや私ね、もう2日も延期してお母さんが空港にピックアップできる最後の便だったんですよ。

今頃お母さんとココスでネギトロ丼を食べている予定が、まさかのフライトがないと。

 

とりあえず1時間くらいスタッフが頑張ってくれました。

その間エアカナダのホームページをチェックするとやはり私のフライトはちゃんとこの時間。

てかマザーなんて昨日エアカナダに電話してこの時間てちゃんとチェックしたのにどうなってるの。

 

スタッフの方もなぜできないからわからないから、これから日本の航空会社に連絡取るけど電話番号がなくてメールするから、フライトは明日になるだろうと。

 

私が、明日?と泣きそうな感じで言ったら、

 

I know honey u supposed to leave on Saturday but we can't do this right now.

 

てきなことを言われ、この後に及んでハニーとかよんでんじゃねーよ、できないじゃなくてなんとかしろよ。てか電話番号なんで知らないんだよこのクソビッチ!

 

みたいな感じで脳内は爆発寸前でしたが、たまに空港で見かける怒鳴りつける客にはなれずに、なんかもう絶望てきな気分すぎて、お母さんに報告した瞬間大号泣。

 

周りに並んでた方もかなり心配そうに見てました。

みなさん優しいですね。

 

とりあえずよくわからないけど、4度目のフライトキャンセルでもう精神的にも体力的にも限界だった私は空港で大号泣。さらには家に帰ってから1.2時間泣いてました。

いつも涙もろく、映画とかで主人公が泣いてると号泣しちゃうタイプなんですが、さすがにこの年でこんな泣くとは思いませんでした、疲れてると通常よりダメージ受けやすいんですかね。

 

なぜこうなったか全然分かりませんがきっと度重なるフライトのキャンセルで航空会社も大変だったんですかね。

 

とりあえず、3/5 13:30 ⇨3/8 05:15になりそうです。

もう慰謝料請求したいレベルで、精神的ダメージと肉体的ダメージを受けてます。

 

帰ったら日本のエアカナダに連絡しようかな。

このまま謝られただけじゃ納得いかないし、マザーも学校あるのに3:30に起きて送ってくれて、5:00まで待たされ、しかも飛ばず、日本のお母さんも大事を取ってちゃんと2日間休んだのにフライトの変更でまた仕事を休まなければいけなくなり、私も3日間の予定がパーになりました。

とりあえずなんとか交渉して、なにかしら勝ち取りたい。

が、飛行機の保証はそう甘くないらしい。

 

今回の旅(まだ始まってもないけど)で学んだことは、

⚪︎フライトは多少高くても航空会社で予約すること。

⚪︎キャンセルが続いたらしっかりフライトを確認すること。

⚪︎田舎すぎてトロントまでのフライトが1日1本しかないからもう一生田舎には住まないこと。

⚪︎FlightNetwork という予約サイトは使えない

⚪︎AirCanadaは実は評判悪いからあまり使わないようにする。

 

ですね。

2日間オールして5:15の便に備えましたが、とうとう心配すぎてねれず、目もパンパンに腫れて、もう帰るのダルすぎです。

 

とりあえず帰国したらどうなったかまた記事にしますね。

おやすみなさーい。

 

おまけ。

私のスナップチャットの2コマストーリーです。(英語間違ってたらごめんなさい)

出発と思いきや次の投稿でまさかの家に帰宅。

f:id:Tinaincanada:20160308010647j:plain

f:id:Tinaincanada:20160308010524j:plain